インバウンド動画メディア「WeTOKYO」のプロモーションムービーを制作しました(AfterEffects/Photoshop)

デジタルハリウッド東京本校にて、2017/9/10に開催された中間課題発表会に向けて制作した作品です。

「WeTokyo」は訪日外国人観光客に、東京の観光情報やリアルな魅力を動画で伝えることをコンセプトにしたWebメディアです。東京のインバウンド市場をもっと盛り上げたいなと思い、制作しました。

UIのデザインはPhotoshopで制作し、Invisionでプロトタイプを制作。またAfterEffectでWeTOKYOのプロモーションムービーも制作しました。初めての課題制作だったので荒い出来ではありますが、ひとつの作品をつくる楽しさや難しさを学べた良い機会となりました。

記事公開日:2017-09-18

ターゲット

東京観光を検討段階の訪日外国人

アメリカ人 男性 20-30代。普段からネットで情報収集している

東京への観光に以前から興味・関心があり、数ヶ月以内に友人と訪日する予定。東京の観光スポットや交通、レストラン、ホテルなどに関する情報を自室にてリサーチ、旅行プランを検討している。

制作背景

1)訪日外国人が急増 : 2016年に約2,400万人
2)政府もインバウンド政策を積極的支援
3)観光情報が不足(インフラ・情報面ともに)
4)訪日観光客の48.2%は東京を観光
5)訪日外国人の2/3はネットで情報収集
6)「モノ」から「コト(体験)」消費がトレンドに
7)東京(日本)の魅力を文化を超え伝えるのに動画が効果的
8)プラットフォーマーのアルゴリズムが動画有利に
9)動画特化型のインバウンドメディアがほぼない

プロトタイプ

UIデザインのプロトタイプはPhotoshopとInVisionで制作。動画はAfterEffectで編集。

・TOPページ
・エリアページ
・動画ページ

デザインや動画制作について学ぶならスクールに通うのもおすすめですよ ↓↓

Webデザインスクール・専門学校に通うメリット・デメリットを経験者が比較してみた




こんな人が書いてるYO↓