一番おすすめなプランは?さくらサーバーの料金・プラン比較まとめ

やすのり
こんにちは!「Tekito style」を運営しているやすのり(@98nasi_nori)です。普段は都内でWebディレクター/マーケターなどをしています。

さくらのレンタルサーバは、レンタルサーバの中でも安定した人気のある老舗サーバ。

価格も安くコスパも良いので、これからWordPressでメディアやブログを始めたい方におすすめです。

実際に僕もさくらサーバで複数のブログを運営しておりますが、これまで一度もトラブルなどはありませんでした!ですが、

ブログ初心者
プランや料金が色々あって、どれがいいのかよくわからない……。

という方も多いはず。ということで本記事では、さくらサーバの料金プランごとに、プラン内容や特徴を比較していきたいと思います。どのプランが自分にあっているのか、チェックしてみてくださいね。

さくらのレンタルサーバ プラン一覧(公式サイト)

\ 今なら2週間お試し無料!! /

さくらサーバの料金・プラン概要

さくらのレンタルサーバ
Photo by:さくらのレンタルサーバ公式サイト

まずは、ざっと料金プランの概要をご紹介します。プランによって容量や転送量、使える機能などが異なります。

プラン名容量転送量月料金初期費用
ライト10GB40GB/日131円1,048円
スタンダード100GB80GB/日524円1,048円
プレミアム200GB120GB/日1,571円1,048円
ビジネス300GB160GB/日2,619円5,238円
ビジネスプロ500GB200GB/日4,714円5,238円

早速結論!一番おすすめなプランは?

一番人気のプランは月額524円(初期費用1,084円)でWordPressが使える「スタンダードプラン」ですね。無料SSLにも対応していて、WordPressも簡単にインストールできます。

さくらサーバの利用者のおよそ8割がスタンダードプランみたいですよ。安くてコスパよく、簡単に設定できるので、ブログやサイト運営初心者の方にもおすすめです

僕も最初ブログを始めた時はこのスタンダードプランで登録しました。これまで使っていてサーバーがダウンするなどトラブルも全くなかったです。

お試し期間として2週間無料で利用できるので、とりあえず使ってみてから本格的な導入を検討することもできますよ。ただ、後からプラン変更はできないので、その点だけ注意しておきましょう。

月々コーヒー1杯分の値段と思えば、サーバーといっても意外と安いもんですよね。これから初めてWordPressにてブログを始めるなら、基本的にはスタンダードプランで問題ないかと思います!

さくらのレンタルサーバ プラン一覧(公式サイト)

\ 今なら2週間お試し無料!! /

料金プランごとの特徴とおすすめな人

それでは、料金プランごとに特徴を具体的に確認していきましょう。どのプランがおすすめか、確認してみてくださいね。

1. ライトプラン

ライトプランの基本スペックはこちら ↓

料金(月)
年間一括1,571円
初期費用1,048円
容量10GB
転送量40GB/日
WordPress対応と高速化×
バックアップ&ステージング×
複数ユーザー管理×
マルチドメイン設定20個
MySQLデータベース×

プランの特徴

ライトプランの特徴はとにかく安いこと!年間で1,571円しかかからないので、途方も無いレベルで安いです。

ただしそれだけです……。安い分、容量や使える機能も限られます。一番しんどいのは、WordPressが使えない点ですね。

またサイトが動作するPHP環境も、動作が早いモジュールモードは使えず、旧来のCGIモードしか使えないため、処理速後も基本的には遅いです。またデータベースも利用できません。

動作も他のプランと比較すると不安定なので、ビジネス利用などは難しい感じですね。

それでも安い方がいい、という人が使うプランなのかなと思います。個人的な意見としては、それであればわざわざサーバーで独自のサイト・ブログを開設せず、無料ブログ(アメーバとかnoteとか)や無料サイトツールでも十分なのではないかなと思います。今ならネットで探せば色々ありますし。

テスト用としてサーバを使いたい人、ランディングページや数ページの簡単なWebサイトを公開したい人が利用する感じなのかなと。あと趣味や友達に共有するような簡単なサイトをつくりたいなど。

想定される1サイトあたりのボリュームの上限

運営サイト数1日あたりの上限月あたりの上限
1個2万PV60万PV
5個4,000PV12万PV
10個2,000PV6万PV
20個1,000PV3万PV

(※ 1ページあたり2MBで計算)

マルチドメイン設定(簡単に言えば、サーバー上で管理できるWebサイトの数)は20個なので、20サイトを上限に運営できる感じです。

1サイトのみ運営するのであれば、おおよそ月60万PVくらいまでは耐えられます。ライトプランでそこまでのサイトを運営するのは非現実的ですが……。

参考:転送量とは?
転送量とはサーバーからのデータ送受信の合計サイズのこと。サイトのページを閲覧したときの容量のイメージです。

その1日あたりの総量が、サーバーのプランごとに決められている感じです。総量を超えると、ページを閲覧できなくなったり、表示が極端に遅くなったりします。

平均すると、1ページあたり1MB〜3MBくらいが多いみたいですね。最近のサイトは画像を多く使うことも多いので、ページによってはもっと転送量が増えます。

ライトプランの1日の転送量は40GBなので1ページあたり2MBの容量とすると、1サイトのみを運営する場合、1日あたり2万PV、月60万PVのボリュームまでなら転送できる計算となります。

ライトプランはこんな人におすすめ

  • とにかく安いプランでOK
  • 手軽に簡単なホームページを公開したい
  • ブログを本格的に、中長期的に運用するつもりはない
  • WordPressを開設する予定はない
  • サイトの動作が遅くても、安定しなくても問題ない

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

一応改めて注意点をお伝えすると、さくらサーバのデメリットとしてプランを途中で変更できない点が挙げられます(一度解約し、新しいプランに再度契約する必要がある)。

ちゃんとサイトを運用したいのであれば、やはり次に紹介するスタンダードプランが良いかなとは思います。

2. スタンダードプラン

スタンダードプランの基本スペックはこちら ↓

料金(月)524円
年間一括5,238円
初期費用1,048円
容量100GB
転送量80GB/日
WordPress対応と高速化
バックアップ&ステージング
複数ユーザー管理×
マルチドメイン設定100個
MySQLデータベース20個

プランの特徴

スタンダードプランは、さくらサーバの基本的な機能をほとんど使える上に、月々524円とコストパフォーマンスの高さが特徴です。さくらサーバで最も人気のプランです。

容量も100GBあり、WordPressの簡単導入機能も使えます。またPHPのモジュールモードにも対応してるので、処理速度も比較的早いです。バックアップ機能やステージング機能も、このプランから使えます。

サイト運営に必要な十分な機能を備えているので、これから本格的にWebサイトやブログ運営をしていきたい方におすすめです!

想定される1サイトあたりのボリュームの上限

運営サイト数1日あたりの上限月あたりの上限
1個4万PV120万PV
5個8,000PV24万PV
10個4,000PV12万PV
20個2,000PV6万PV

(※ 1ページあたり2MBで計算)

今の段階であまりイメージが沸かないかと思うのですが、同時多発的に多量のアクセスがなければ、1サイトのみの場合おそらく100万PVくらいまでであればギリ耐えられるかなとは思います。

また容量が100GBなので、記事数的には1,000記事ほどなイメージですね。

ただ個人レベルだと、そこまでサイトを成長できる人は上位数%くらいな気がします(コミット度合いによりますが、0からだと普通に数年とかかかるかと……)。ですので、ほとんどの方はスタンダードプラン以上は正直必要ないかと思います

もしサイトが成長してきてスタンダードプランで耐えきれなくなってきたら、面倒くさいですがサーバー移転やプラン変更、知識があったり意欲があればサーバー構築を検討してみては。

スタンダードプランはこんな人におすすめ

  • WordPressを使いたい
  • 本格的に、中長期的にサイトを運用して成長させたい
  • 一定レベルのアクセスがあるサイトを想定している
  • 予算はあまりかけたくない・コスパ重視

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

3. プレミアムプラン

プレミアムプランの基本スペックはこちら ↓

料金(月)1,571円
年間一括15,714円
初期費用1,048円
容量200GB
転送量120GB
WordPress対応と高速化
バックアップ&ステージング
複数ユーザー管理×
マルチドメイン設定150個
MySQLデータベース50個

プランの特徴

プレミアムプランはスタンダードプランとほとんど機能面では同じですが、容量や転送量がぐっと多い感じです

スタンダードプランと比較して、より負荷に耐えられるプランとなっています。容量は200GBと2倍になってますね。またドメイン数も150個と、ライトプランより50個多いです、

ただし月額1,571円と、スタンダードプランと比較して1,000円ほど高い感じです。正直なところ、スタンダードプランと比較するとコスパ的にはあまりよくはないですね。

中大規模サイト(100万PV以上など)を運用する想定の場合や、画像や動画などを多く使うことを想定しているサイトを運営したい方は、容量や転送量が多い「プレミアムプラン」を選ぶとよいのかなと思います。ただ多くの方には不要なスペックな気がしますね。

想定される1サイトあたりのボリュームの上限

運営サイト数1日あたりの上限月あたりの上限
1個6万PV180万PV
5個1万2千PV36万PV
10個6,000PV18万PV
20個3,000PV9万PV

(※ 1ページあたり2MBで計算)

プレミアムプランはこんな人におすすめ

  • 中大規模サイトを運用する想定
  • 中大規模までサイトを成長させる気合と根性・知見がある
  • 2千記事など、多くの記事数を更新する予定
  • 画像データや動画をサイトで多く使うなど、容量が多いと嬉しい
  • 「月1,571円とか安!」というくらい懐に余裕がある

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

4. ビジネスプラン

ビジネスプランの基本スペックはこちら ↓

料金(月)2,619円
年間一括26,191円
初期費用5,238円
容量300GB
転送量160GB/日
WordPress対応と高速化
バックアップ&ステージング
複数ユーザー管理
マルチドメイン設定200個
MySQLデータベース100個

プランの特徴

ビジネスプランはその名の通り、ビジネスシーンでの利用を想定したプランです。容量や転送量もぐっと増えて、動作自体も利用者が多い他のプランと比較しかなり安定しています。中・大規模サイトの運営に適していると言えるでしょう。

またビジネスプランから複数人でアカウントの運用ができるので、制作会社などにサイト運用・更新を外部委託する場合にも適しているでしょう。

その他下記の機能がビジネスプランから利用可能となります。

・複数ユーザでのFTP利用
・ウェブサイト検索機能
・メール自動返信
・メール振り分け転送

想定される1サイトあたりのボリュームの上限

運営サイト数1日あたりの上限月あたりの上限
1個8万PV240万PV
5個1万6千PV48万PV
10個8,000PV24万PV
20個4,000PV12万PV

(※ 1ページあたり2MBで計算)

ビジネスプランはこんな人におすすめ

  • ビジネス目的でサイトを運営する予定
  • 中小企業のオウンドメディアやWebサイトを運用したい
  • 複数人でサーバーの管理をしたい
  • サイトの運営を外部委託する予定だ
  • 中・大規模サイトを運営するので、大容量のプランがいい
  • 安定した動作は必須!

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

5. ビジネスプロプラン

ビジネスプロプランの基本スペックはこちら ↓

料金(月)4,714円
年間一括47,143円
初期費用5,238円
容量500GB
転送量200GB/日
WordPress対応と高速化
バックアップ&ステージング
複数ユーザー管理
マルチドメイン設定200個
MySQLデータベース200個

プランの特徴

ビジネスプロプランは容量や転送量、利用できるデータベース数が大幅にアップしていますが、基本的な機能はビジネスプランと同じです。

ただしこのプランでは独自SSLをIPアドレスベースで管理でき、WebサイトのIPアドレスが専有となります。そのため、他ユーザーへのDoS攻撃の影響を受けにくくなります。

基本的にはビジネスプランでも十分かなと思いますが、ビジネス利用する上で、サイトの安定性やセキュリティをより重視したプランと言えるでしょう

想定される1サイトあたりのボリュームの上限

運営サイト数1日あたりの上限月あたりの上限
1個10万PV300万PV
5個2万PV60万PV
10個1万PV30万PV
20個5,000PV15万PV

(※ 1ページあたり2MBで計算)

想定サイトボリュームも300万PVとかなり多いですね。ただビジネス利用でガチ運用するメディアとなると、正直もっと欲しいところですが。

ビジネスプロプランはこんな人におすすめ

  • ビジネス目的でサイトを運営する予定
  • 中小企業のオウンドメディアやWebサイトを運用したい
  • 複数人でサーバーの管理をしたい
  • サイトの運営を外部委託する予定だ
  • 中・大規模サイトを運営するので、より大容量のプランがいい
  • 動作の安定性やセキュリティをより重視したい

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

さくらサーバの料金プランまとめ

ここまでさくらのレンタルサーバの料金プランごとに、特徴やスペックなどを比較してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一言でまとめると、基本的には個人利用ならスタンダードプランで性能は十分。企業サイトなど、ビジネス利用ならビジネスプランへどうぞ。

また下記はプランごとにおすすめな人のまとめです。

1. ライトプラン
・とにかく安いプランでOK
・WordPressを開設する予定はない
・サイトを本格的に中長期的に運用するつもりはない

2. スタンダードプラン
・WordPressを使いたい
・本格的に、中長期的にサイトを運用して成長させたい
・予算はあまりかけたくない・コスパ重視

3. プレミアムプラン
・中規模以上のサイトを運用する想定
・画像データや動画をサイトで多く使うなど、容量が多いと嬉しい

4. ビジネスプラン
・ビジネス目的でサイトを運営する予定
・複数人でサーバーの管理、運用を外部委託したい
・中・大規模サイトを運営するので、大容量のプランがいい
・安定した動作を求めている

5. ビジネスプロプラン
・ビジネス目的でサイトを運営する予定
・複数人でサーバーの管理、運用を外部委託したい
・中・大規模サイトを運営するので、もっと大容量のプランがいい
・動作の安定性やセキュリティをより重視したい

上記を参考に、ご自身のニーズに沿ったプランを参考にしてみてくださいね。
それでは!

さくらのレンタルサーバ プラン一覧(公式サイト)

\ 今なら2週間お試し無料!! /

また具体的にさくらサーバとWordPressを使ってブログやメディアをはじめて見たい方は、以下の記事に詳細なステップをまとめています。こちらも合わせてぜひチェックしてみてくださいね!

初心者向け!さくらサーバーでWordPressをインストールしブログ開設する方法




ABOUT US

都内で働くWebディレクター/マーケター(@98nasi_nori )。ときどき旅人な91年生まれ。早稲田大学卒。主にWebプロダクトのUI/UX改善の企画・ディレクションやSEO対策、トイレ掃除などしてます。もともとWebライター・編集者。開発やデザインも細々と勉強中……。学生時代は1年間の世界一周経験あり(過去約40ヶ国訪問)。お気に入りの国はベトナム、モロッコなど。好物は家系ラーメンとタピオカ。

こんな人が書いてるYO↓