ドローンの資格取得でおすすめな学校「ドローンスクールジャパン中目黒」【体験会参加レポ】

Yasu
こんにちは!「Tekito+Style.me」を運営しているYasu(@98nasi_nori)です。普段は都内でWebディレクターなどをしています。

最近何かとニュースで話題になることの多いドローン。建築の現場から動画撮影まで、すでに様々な領域で活躍しています。それに関連してドローンの操縦免許・資格を取れるスクールも増えているようで、日本で認可を取っている学校だけでも、その数なんと650校……!

そんな中でもおすすめな学校が、ドローン操縦士養成スクール「ドローンスクールジャパン(DSJ)東京中目黒校」今回はそのドローン操縦無料体験会に参加してきたので、当日の様子や通うメリットなどについてレポートしていきます

僕も以前から「ドローン飛ばしてみたいな……」なんて思っていたので、無料で触れるならオトクだし面白そう!ということで参加してみましたよ。

ドローンについて興味がある、操縦免許を取る学校を探している、そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

ドローンスクールジャパン東京中目黒校 公式サイト

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校ってどんな学校?

ドローンスクールジャパン 公式サイト
Photo by:ドローンスクールジャパン東京中目黒校 公式サイト

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校は、2016年開校のドローン操縦士を育成する専門スクール。一般社団法人ドローン操縦士協会「DPA(ディーパ)」に所属している約30校のうちの一つで、国土交通省の認可もしっかり取得しています。

そのDPAが定めるドローン操縦士の技術認定基準をクリアしたコース内容を提供しており、経験豊富なインストラクターが少人数で丁寧に教えてくれますよ。

コースを受講すれば、国交省登録DPA認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」を最短4日で取得できます!

ドローンは公共事業やインフラ点検、空撮など、現在様々な場面で活躍の幅を広げいて、今後も市場規模の拡大が見込まれる産業です。2022年までには2,270億円まで拡大するとも言われています。ドローンの操縦スキルは、今後ビジネスで生かせる確かな技術に繋がるでしょう。

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校がおすすめな理由

1. 卒業生多数の実績あるスクール

国土交通省認定講習団体となっており、生徒数1,500人以上を誇る日本一位のドローンスクールです。現在では月に40〜50人もの人が受講しており、その中で磨かれた品質の高いカリキュラムを提供しています。実際に友人からの紹介で来る人も多いのだそう。

2. 経験豊富なインストラクターが指導

インストラクターは全員2,000時間の飛行時間を超える、現役の現地調査員をしています。さまざまな実案件を現場で臨機応変にこなしてきたプロフェッショナルが、そのノウハウを受講生に伝授。

即戦力として活躍できるよう、ドローン操縦士の育成をサポートしています。

3. 少人数性

他のスクールではインストラクター1人につき5〜8名のグループが多いのですが、ドローンスクールジャパンでは生徒が最大2名までと少人数体制。そのおかげで座学は必要最低限におさえ、実際の飛行訓練に多く時間を割くことができます。

4. ドローン飛行用専用の練習コートがある!

屋内に高さ12mのドローン飛行施設があり、天候に関係なく運転できます。基本的に練習コートは無料で使い放題!事前予約をすれば卒業生でも利用することが可能です。回数制限も無いみたいですよ!

都内のドローン練習場だと、1時間1万円くらいかかる場合もあったり、地方だと数千円で利用できるけどかなり狭い場合もあります。ですのでいつでも練習場が使えるのはとても便利ですね。

また周りにインストラクターや操縦経験者もいるので、万が一の場合も安心して練習できます。

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校 無料体験会に参加する

実際にドローンスクールジャパンの無料体験会に行ってみた

説明会の場所は、DSJ東京中目黒校 船堀練習場です。都営新宿線の船堀駅から徒歩10分ほど。学校名に中目黒とあるのでその近辺にあるのかと思っていたので、なぜ船堀?謎をよそにとりあえず向かってみます。

船堀駅北口

北口から歩きます。船堀駅は初めて来ましたね。

DSJ東京中目黒校 船堀練習場

しばらく歩くと、会場が見えてきました。

DSJ東京中目黒校 船堀練習場

ちらっと中を覗くと、かなり広々とした練習場が……!入り口横にある受付を済ませて、2階にあるセミナールームへ向かいます。

DSJ東京中目黒校 セミナールーム

こちらがセミナールーム。

説明会はもちろん無料で参加でき、所要時間は1時間半〜2時間ほどです。今回は土曜日の16時~18時に開催されていた回を選択しましたよ。

1時間ほど座学でドローンについての基本的な知識について学び、30分実際にドローンの飛行練習ができます。

DSJ東京中目黒校 セミナールーム

アンケートを記載しながら、講師の方を待ちます。

まずは座学でドローンの基本知識を学ぶ!

DSJ東京中目黒校 パンフレット

座学ではまずドローン市場について。現在市場はどれくらい伸びているのか、今後ドローンを活用してどのような業種・職種が増えていくのかを学んでいきました。

DSJ東京中目黒校 セミナー

講師の方が丁寧に教えてくれます。

ドローンのメリットは従来の手法と比較し安い、早い、安全に点検できるところ。2020年のオリンピック以降はセキュリティ・監視の領域でドローン案件が増える見込みだそうで、その後は輸送や宅配などの領域でも増えていくそうな。

参考:ドローンが活かせる職種

  • 農薬散布
  • 災害対策
  • 救助
  • 巡視 / 点検
  • 計測 / 観測
  • 撮影
  • 郵送 / 物流

またそのほかにも、

・ドローン調査とその他の調査の比較
・具体的な調査方法
・ドローンの機体とおすすめな機種
・ドローンの法律:航空法
・規制エリアの確認方法

などなど、ドローンに関連することを色々と学ぶことができました。普通にこの座学だけでも満足できる内容でしたね。知らないことばかりだったので、こんなことにまでドローンが活用できるのか、という衝撃がありました。

話を聞く前はラジコンに毛が生えたくらいなイメージだったけど、ドローンってすごいんだな……(汗)。

DSJ東京中目黒校 セミナールーム

実際の講義は、説明会ルームの隣りにあるこちらの部屋で行われるみたいですよ!

ドローンについての詳細は、ぜひ説明会で直接聞いてみてくださいね!

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校 無料体験会に参加する

ドローン実技!実際に操縦してみよう

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

座学である程度ドローンについての知識がついたところで、待ちに待った実技です!練習用の飛行場の高さは12mもあるので、改めて見るとかなり広々とした印象です。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

奥行きも結構ありますね。

DSJ東京中目黒校 インストラクター

今回サポートしてくださる、インストラクターの方。とても優しく丁寧にご指導いただきました!

ドローン

間近で見ると、ドローンって結構でかいですね……。もちろん機体によるのですが。

ドローンのプロポ

リモコンも思ったよりもいかついです。リモコンではなく、「プロポ」というらしいです。

DSJ東京中目黒校 インストラクター

プロポの持ち方もコツがあるらしく、丁寧に教えていただきました!

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

操作方法のコツについて。文面で見てもなかなかイメージしにくいので、とりあえず操作してみましょう……!

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

まずは地上に描かれた線に沿って、前後・左右の動きを練習します。簡単に聞こえますが、結構難しいです!まっすぐ進めることができず、どうしても左右に斜めって移動してしまいます……。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

そもそも定位置に一定時間留めさせることも、細かい動きをし続けて調整する必要があり、なかなか思う通りに進めません。

ちなみにGPS機能がドローンについていると、同じ場所に自動でとどまってくれるみたいです。ですが実践ではGPSが切れることもあるので、今回はそういった場合に備えてGPSなしでも操作できるように練習しています。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

万が一操縦を誤ってぶつけそうになっても、インストラクターの方がすぐ操作を入れ替わってくれるので安心しながら練習できます

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

ここまでは目線の高さで操縦していましたが、次は高さをぐっと上げて、上下左右の動きを練習していきます。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

目線が上になるだけで、どこを飛んでいるのか正しく認知するのがさらに難しくなります。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

高さがあると、どうしても地上に描かれたラインからずれてしまうのですよね……。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

最後は指定の場所に正しく着陸させ、練習終了です。「ドローン操作は頭で考えると間に合わないので、体で覚えるべき」という言葉の意味がよくわかりました。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

ちなみに実際にドローンを動かす前に、ドローン操縦のシミュレーターも備えています。これでドローンやラジコンを操作することで、操作イメージを掴むことが可能です。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

プロポも実際のものを使っています。

DSJ東京中目黒校 ヒーター

また会場にはヒーターもあるので、冬の寒さ対策もバッチリ!

DSJ東京中目黒校 ウォーターサーバー

冷蔵庫とウォーターサーバーもあります!

ドローン操作、めちゃくちゃ難しかったですが、めちゃくちゃ楽しかったです!ひさびさに童心に帰ったような心持ち。インストラクターさんのように自由にドローンを操縦できたら、もっと楽しくなるんだろうな〜。

DSJ東京中目黒校 ドローン練習場

上達すると、このようにドローンを回転させながら旋回することもできるようになるのだとか……。上下左右思い通りに動かすのでも難しいのに、凄すぎますね……。

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校 無料体験会に参加する

資格取得の費用とコース内容の違い

ドローンスクールジャパン中目黒校には、「フライトコース」と「ビジネスコース」の2つのコースがあります。

コース名フライトコース
授業内容円移動や四角移動など、ドローン操縦に必要な25技能を学ぶことができます。
インストラクター受講生最大2名につき1名
受講期間2日
受講時間10:00-16:00
受講費120,000円(税別)
取得資格DSJ認定資格 『DS・J 1つ星技能認定』取得
コース名ビシネスコース
授業内容八の字旋回や赤外線カメラなど、産業用ドローンで必要な20種の高度な技能を学びます。
インストラクター受講生最大2名につき1名
受講期間2日
受講時間10:00-17:00
受講費200,000円(税別)
取得資格国交省登録DPA資格「ドローン操縦士回転翼3級」取得
DSJ認定資格『DS・J 2つ星技能認定』取得

国交省登録DPA認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」を取得するには、この2つのコース(計4日 フライトコース2日+ビジネスコース2日)を受講する必要があります。

ビジネスでドローンを使うなら一定レベルの操作スキルが必須になるので、基本的に座学は必要十分な内容を3時間程度で学び、残りの時間は実技メインで進めていきます。

DSJ東京中目黒校 フライトコース

参考までにフライトコースの時間割。ほぼ実技なので、操作スキルをぐっと磨くことが可能です。

DSJ東京中目黒校 ビジネスコース

ビジネスコースの時間割。

「ドローン操縦士 回転翼3級」は、車でいう一般免許と同じイメージ。2級や1級など高スキル向けの免許は今後作られる予定だそうで、必要な人が取ればOKな感じです。なのでドローンを操縦したいなら、まずは回転翼3級を持っておきたいところです。

コースは別々に受講できるので、まずはフライトコースを受講してみるのが良さそうですね。

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校 無料体験会に参加する

そもそも免許を取る必要はあるの?

現状ドローンの公的資格はまだ存在しておらず、資格がなくても飛ばすこと自体は可能です!

ただしドローンは操作方法が複雑なので、正しい操作技術を身に着けておかないと、墜落させて人を怪我させてしまったり、建物や障害物にぶつけて破損させてしまう恐れがあります。実際にドローンの墜落がニュースになってたりしますよね。

加えてドローンの操縦には、航空法など法律や条例面でも一定の規制があります。正しい知識がなければ、知らず知らずのうちに法を破ってしまうリスクもあります。夜間飛行や目視外飛行など、一定の飛行方法をさせたい場合は、国土交通大臣による承認が必要となります。

回転翼3級のようにDPAが発行している国土交通省認可の資格を持っていると、飛行許可の承認手続を一部簡略化させることも可能です。また資格を持っていると一定の飛行技術をもっている証明になるので、卒業後ドローン関連の仕事を引き受けやすくなるなどのメリットがあります。

ドローンに関する正しい知識を効率的に身につけたい、今後ドローン関連の仕事を考えている、そんな方は資格取得を検討することをおすすめします。

Q&A ドローンスクールジャパンの担当者に聞いてみた

ドローンスクールジャパン中目黒校の担当者の方に、気になった質問を色々聞いてみました。受講を検討される方はぜひチェックしてみてくださいね。

受講者の属性は?

男女比は8:2。年齢層は以外にも40〜50代前後が多いみたいです。若い層の方ももちろんいるのですが、10%前後とのこと!

ドローンの良いところは性別や年齢も関係ない、力のない方でも操作できること!

最低受講年齢である15歳から、上は80歳までの生徒さんがいるようです。

卒業後の進路は

・ドローン事業関連で起業する人
・企業内でドローン事業部をつくる人
・建設関係の会社に就職
・個人で空撮する人

など色々な方がいるようです。一番多いのが、個人でSNSなどを活用して空撮を仕事にする人。またドローンを使った計測など建設関係へ就職する方も多いよう。ですが実際に現場でドローンを使えないこともあるようなので、あまりおすすめしない選択肢とのこと。

他のドローンスクールとの違いは?

ドローンスクールジャパン中目黒校は、一般社団法人ドローン操縦士協会「DPA」に所属しているスクールなので、少人数体制でカリキュラムも実技をメインにしていることが強みです。

卒業後のアフターサポートも充実していて、動画編集や測量ソフト、赤外線カメラ搭載ドローンについての勉強会にも参加できます。また上述したように、ドローンの練習場も使い放題です。

他のDPAに所属していないスクールだと、コースや特色、カリキュラムがバラバラで品質が担保されていないことが多いです。また中には座学の時間が12〜18時間ある学校もあり、その場合は数時間しか操作できず、インストラクター1人につき5〜8人でのグループ授業となる場合もあります。

他校を卒業後、ドローンスクールジャパンに通い直す人もちらほらいるとのこと。それなりの費用を払って通うので、学校の見極めは重要ですね。

今後ドローンスクールとして力を入れたい領域は?

今後は教育プログラムにより力を入れていきたいとのこと!例えば測量や空撮、農薬散布など、専門分野別のコースを充実させ、よりドローン市場で活躍できる人材を増やしていきたいようです。

ちなみに、個人で稼ぐにはどうしたらいいの?

ドローンを使って個人で稼ぐなら、CtoCで空撮をするのがおすすめ。スキルによりますが、拘束時間1〜2時間ほどで1本3万〜5万円ほど稼げることも多いようです。

またこちらはハードルがかなり高いですが、マイクロドローンのレースで賞金を稼ぐことも可能なのだとか。過去ドバイで開催されたレースは、賞金2億円ほどだったとか……(汗)。夢がありますね。

まとめ

ドローンの操縦免許取得でおすすめな学校、「ドローンスクールジャパン中目黒」の操縦体験会をレポートしてきましたがいかがでしょうか?

無料でドローンの基礎知識ついて学べることはもちろん、実際に操縦することもできるので、とてもお得な体験会となっております。初めてドローンを操縦しましたが、ほんとに楽しかったです!しかしかなり難しいので、思うように操縦できず地味に悔しかったですね……。

ドローンに興味がある方やドローンを活用した仕事に興味がある方はもちろん、とりあえず触ってみたい方もぜひ気軽に参加してみることをおすすめします!インストラクターの方が優しく教えてくれますよ。コース受講に興味がある方は、まずフライトコースから参加してみてはいかがでしょうか。

公式サイトは以下から ↓↓

ドローンスクールジャパン 東京中目黒校 無料体験会に参加する

ではまた!









Aboutこの記事を書いた人

「Tekito+Style.me」の中の人。都内で働くWebディレクター/マーケター。早稲田大学卒。時々旅人な27歳です。主にサービスの企画・ディレクション、グロースハック、SEO対策、UX設計などしてます。開発やデザインも細々と挑戦してます… 学生時代は世界一周してました(過去約40ヶ国訪問)。お気に入りの国はベトナム、モロッコ、台湾など。南国のビーチでまったり余生を過ごしたい派。好物はビールと生ハム、あとカニカマ。