【宿泊体験レポ】奄美ロングビーチは奄美大島でおすすめなゲストハウス!海まで徒歩10秒

Yasu
こんにちは!「Tekito+Style.me」を運営しているYasu(@98nasi_nori)です。普段は都内でWebディレクターなどをしています。

先日リモートワークと休養を兼ねて、奄美大島へ3泊4日滞在してきました。

せっかく奄美大島に行くのだから海が目の前で、空港から近くて、他の宿泊者とワイワイ楽しめる、コスパの良さそうなところないかな〜と探していたのですが、「奄美ロングビーチ」という良さげなゲストハウスがありました!

空港から車で15分、海からも徒歩10秒という好立地です。価格はシングルルームだと、1泊2,500円~3,500円。Wi-Fiも完備!奄美大島にコスパ良く宿泊するならかなりおすすめな宿です。

本記事ではゲストハウス 奄美ロングビーチの宿泊体験をレポートしていきます。部屋や設備、立地・周辺環境についても紹介していきますので、奄美を巡る予定の方はぜひチェックしてみて下さいね。

ゲストハウス 奄美ロングビーチの基本情報

奄美ロングビーチの玄関

「奄美ロングビーチ」は、奄美大島北部にあるゲストハウス。民宿のような感じですね。

オーナーの「健おじ」がとても親切で、丁寧に色々と対応してくれたり気にかけてくれます。夜は健おじや他の宿泊者と一緒に、奄美原産の黒糖焼酎を飲みながらワイワイ楽しめますよ!BBQをやることもあるのだとか。

僕が滞在していたときは、子連れのママさんから社会人1〜2年目の形、40〜50代の方と幅広い年代の方が泊まっていました。時期的なのか、なぜかWeb系やSEをしている女性の一人旅が多かったです。普段関われない人と、奄美で交流できるのがこのゲストハウスの良いところ!

奄美ロングビーチのビーチ

そして宿の目の前にはこんなビーチが!徒歩10秒くらいでです。誰も来ないので、もはやプライベートビーチ!

ゲストハウスへのアクセスは、空港から車で10分~15分ほど。

奄美ロングビーチまでのバス時刻表

参考までに、空港から奄美ロングビーチまでのバスの時刻表。500円でゲストハウスのオーナーに送迎を頼むこともできます!

正式名称ゲストハウス 奄美ロングビーチ
住所〒894-0621 鹿児島県奄美市笠利町大字用146-1
アクセス空港から車で10分~15分、バスで20分

宿泊費用は?

宿泊費は下記のようになっています。年齢や部屋タイプ、滞在期間によっても異なる感じですね。僕が滞在した部屋は、素泊まりで1泊3,500円でした。

大人:2,500円~
高校生:2,000円~
中学生・小学生:1,800円~
幼児(寝具有り):1,000円~
幼児(寝具無し):無料

ホテル予約サイトなどを探せばお得に予約することができます。場合によってはセールをやっていることもありますよ。

ゲストハウス 奄美ロングビーチへチェックイン!

ということで、さっそくゲストハウス 奄美ロングビーチへ行ってみましょう!

奄美大島のゲストハウス 奄美ロングビーチ

ゲストハウスまでの送迎は事前にオーナーの健おじに頼んでおきたので、到着と同時にピックアップしてもらいました。空港から車でおおよそ10分ほど。外観が見えてきました。

奄美ロングビーチのバス停

外にはバス停が。どうやら公式なものではなく、オーナーが自分でつくったのだとか。

奄美ロングビーチの玄関

玄関。ちなみにチェックインは14:00〜、チェックアウトは朝10:00までとなっています。

奄美ロングビーチの玄関

玄関からの様子。民宿というか、田舎のおじいちゃん家に帰ってきました的な感じですね。

奄美ロングビーチ

今回宿泊予定の部屋は2階にあるので、さっそく上がってみます。

気になる部屋の様子は……?

奄美ロングビーチの宿泊スペース

こちらが今回宿泊する「部屋203号室」です。洋間ツインベットで、ビーチが見えるプライベートルームです!奄美ロングビーチでは一番高い部屋。といっても1泊素泊り(食事なし)で3,500円ほどですが。奄美大島なのにとってもお安い。

室内はとても清潔で清掃が行き届いていますね。

奄美ロングビーチの宿泊スペース

なんといっても、部屋から海が眺められるのが最高です!海めちゃきれい!東京で眺める海と色が違います!コバルトブルーの海を眺めたのはいつぶりだろう。。

奄美ロングビーチの宿泊スペース

「水平線から昇る朝日を拝み、夜は潮騒を聞きながら深い眠りにつけます」と宿の説明にあった通り。海から上る朝日とともに起きれるゲストハウスがあるとは。この眺めで1泊3,500円はかなりお得なのではないでしょうか。

奄美ロングビーチの宿泊スペースの電源

電源ももちろん完備!

奄美ロングビーチにあるハンガー

ハンガーもありました!

奄美ロングビーチの宿泊スペースのエアコン

エアコンもあるので、夏の暑い時期でも心配無用。事前のリサーチだと、奄美大島のゲストハウスでエアコンがないところもあったので……。

他の部屋タイプも紹介

奄美ロングビーチの宿泊スペース

こちらもビーチが眺められる2階にある部屋。2段ベッドとなっています。

奄美ロングビーチの宿泊スペース

1階の和室。共有キッチンの横にあるので、すこし落ち着かなそうではあります。

奄美ロングビーチの宿泊スペース

こちらも1階の和室。かなり広めの部屋なので、3人くらい入れそう。

ゲストハウス 奄美ロングビーチの設備・施設

続いて、奄美ロングビーチの設備や施設について紹介していきます。

Wi-Fi

奄美ロングビーチのWi-Fi

今回めっちゃ気になっていたWi-Fi。一応リモートワークで滞在しているので、ネット環境がないと仕事にならないので結構不安でした。奄美のゲストハウスやホテルでは、Wi-Fiがないところもあったので。

ですが奄美ロングビーチでは1階でも2階でもWi-Fiフル装備です!速度も問題ありません!

2階 テラス

奄美ロングビーチ

2階には共有のテラスがあります。そこからの眺めもなかなか良いので、ここで日光浴をしながら作業なりぼ〜っとしたりできますよ。

2階 共有洗面スペース

奄美ロングビーチの宿泊スペースの洗面台

滞在していた2階部屋の裏側には、2階専用の洗面スペースや冷蔵庫もありました!

奄美ロングビーチの宿泊スペースの洗面台

普通に広めなので、買いだめしてもしっかり冷やせるので安心です。

奄美ロングビーチの洗濯機

洗濯機もあるので、海で汚れても大丈夫!ちなみに利用料は1回あたり100円です。

奄美ロングビーチの洗濯物スペース

洗濯物スペースもあります。湿度が高かったり、雨季シーズンだとなかなか乾かないのですが……。

1階 共有キッチン

奄美ロングビーチの共有キッチン

共有のキッチンは1階にあります。夜はここのスペースでみんなで飲んだりしてましたよ。

奄美ロングビーチのテレビ

キッチンにはテレビもあります。一応、視聴時間は夜の11時まで。

奄美ロングビーチのキッチン

食器なども自由に使ってOK。もちろん使った分は自分でしっかり片付ける必要があります。

奄美ロングビーチのキッチン

レンジもオーブンも完備。

奄美ロングビーチのキッチン

ビール買い忘れた……。そんなときはオーナーの健おじに言えば購入できます(在庫あれば)!

1階 ラウンジスペース

奄美ロングビーチ

キッチンとは別に、団らんスペースがあります。落ち着いて話したいときはこちらへどうぞ。

奄美ロングビーチ

ラウンジ横の外にもスペースがあります。

1階 洗面所&お風呂

ゲストハウス 奄美ロングビーチの洗面台

続いて気になる水回りを見ていきましょう!基本的にすべて共有のスペースになります。洗面台とトイレは2階にもありますが、1階にもそれぞれあります。

奄美ロングビーチのシャワー

お風呂もきれいです。

奄美ロングビーチのシャワー

海に行ったら、外からそのままお風呂場に入れるようになっています。

奄美ロングビーチでできるアクティビティ

続いて、奄美ロングビーチに滞在したら、どんなアクティビティができるのかご紹介いたします。

ビーチは徒歩10秒!!

奄美の海

最大の目玉はなんといってもこれですね。ビーチが目と鼻の先です!ほんとに目の前なので、海に行きたい時はすぐ駆けつけることができます(笑)。周辺のビーチも色々回ってみましたが、ゲストハウスの目の間の海も、他のビーチと遜色ないほどきれいです!ビーチ行くならここで十分!

奄美の海

自転車のレンタル

奄美ロングビーチの自転車

奄美ロングビーチでは、なんと自転車の貸し出しが無料です!他のゲストハウスでは1日1〜2,000円する場合もあるので、お得ですね!

奄美ロングビーチの自転車

宿周辺をサイクリングするだけでかなり気持ちよかったです。すごい田園風景。ちなみに宿の周辺はまじで何もないです。

SUPボードなどもレンタル可能!

奄美ロングビーチのアクティビティ

その他バイクやSUP用のボード、ウェットスーツなども有料ですが借りることも可能です。

奄美ロングビーチのアクティビティ

その他のツアーの紹介などもしているようなので、気になる方はオーナーの健おじに聞いてみては。

釣り竿も無料で使える!

奄美ロングビーチの釣り竿

釣り竿も無料で借りれました。他の宿泊客が置いていったものだとか。

魚肉ソーセージ

餌とかは自分で用意する必要がありますが、宿のスタッフさんから魚肉ソーセージをもらえたので釣りに行ってみました。これで釣れるのかは不明ですが。

奄美ロングビーチの釣り竿

残念ながら釣り場に来たら突然天気が悪くなり、波もすごくて結局何も釣れず……。

奄美ロングビーチの周辺環境

奄美ロングビーチ周辺は、まじで何もありません!小さな商店が自転車で10〜15分くらいのところに何個かあるくらいです。買い物は空港から宿に来る前に、事前に済ませておくことをおすすめします。基本的にはレンタカーを借りる方が多いかと思うので。

A・COOP

奄美ロングビーチのA・COOP

僕は免許持ってないので……。送迎で空港から宿に行くまでに、途中で「A・COOP」というスーパーに寄ってもらいました。宿近辺では、ここが唯一の大型スーパーです。ここで滞在分の買いだめをしておく感じです。

奄美ロングビーチのA・COOP

中は普通のスーパーです。

奄美ロングビーチのA・COOP

奄美ロングビーチのA・COOP

離島ということもあり、都内のスーパーとかに比べてもやや物価が高いようですね。

僕はチャリで改めてここまで来てみたのですが、宿からリアルに1時間くらいかかったので、車で来ることを全力でおすすめします(笑)。

【住所】
〒894-0511 鹿児島県奄美市笠利町大字里904−1
Google Map

民食「もみじ」

数日滞在するけど車もないし、ランチや夕食どうしよう……。そう心配な方もいらっしゃるかと思います。僕もそうだったので。

民食「もみじ」

そんな方はゲストハウスから徒歩5分ほどにある、民食「もみじ」がおすすめです。最近できたようで、お昼はお弁当500円、夕食も1,000円ほどと良心的な価格で美味しい料理を食べることができます!宿周辺で飲食できるスポットはここだけ!

民食「もみじ」

宿から北にまっすぐ道を行ったところに、緑色の壁に「もみじ」と書いてあります。市民交流館を通り過ぎ、左手にすぐあります。普通の民家でやっているので、入り口は少し分かりにくいです。夜になると暗すぎて全くわからないので注意!

民食「もみじ」

現地の食材を使った郷土料理を食べることができます!

民食「もみじ」

民食「もみじ」

ビールももちろんありますよ!

おすすめなお店なので、ロングビーチに滞在中はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

コワーキングスペース「かさり」

奄美大島

僕みたいにリモートワークで奄美大島に来ている方もいらっしゃるかと思います。そんな方にはコワーキングスペース「かさり」がおすすめ。1時間なんと50円、1日居ても400円という驚異の格安さ。

空港から徒歩10分ほどと、もはや空港寄りの場所なので、ゲストハウスから自転車や徒歩で来るのは難しいのですが……。空港近辺では唯一のコワーキングスペースなので、車がある方は立ち寄ってみてください。

詳細は以下から↓↓

1時間50円!奄美大島でおすすめなコワーキングスペース「ICTプラザ かさり」取材レポ

2019-12-01

奄美大島滞在を満喫するなら、奄美ロングビーチはおすすめなゲストハウス!

ゲストハウス「奄美ロングビーチ」は、奄美大島の旅行やリモートワークでの滞在先として断然おすすめな宿です。

ビーチは目の前で空港からも近く、コスパも抜群!しかもオーナーの健おじが親切で、他の宿泊者との交流も楽しめます!

めちゃくちゃおすすめな宿なので、奄美大島に来たらぜひ泊まってみてくださいね。

ちなみに今回利用した東京成田発、奄美大島行きのピーチ航空の搭乗レポートを下記記事でまとめています。往復1万5千円くらいだったので、とってもお得でした! ↓↓

ピーチ航空搭乗レポート!東京成田空港から奄美大島まで【エコノミー/MM545便】

2020-01-08








Aboutこの記事を書いた人

「Tekito+Style.me」の中の人。都内で働くWebディレクター/マーケター。早稲田大学卒。時々旅人な27歳です。主にサービスの企画・ディレクション、グロースハック、SEO対策、UX設計などしてます。開発やデザインも細々と挑戦してます… 学生時代は世界一周してました(過去約40ヶ国訪問)。お気に入りの国はベトナム、モロッコ、台湾など。南国のビーチでまったり余生を過ごしたい派。好物はビールと生ハム、あとカニカマ。