初心者向け!お名前.comでドメイン取得後さくらサーバーで設定する方法まとめ

独自ドメイン取得

やすのり
どうもこんにちは!Tekito styleを運営しているやすのり(@98nasi_nori)です。普段は都内でWebディレクター/マーケターなどをしています。
悩める人
独自ドメインをやっと設定したけど、その後どうやってレンタルサーバーと連携していくの……?!

WordPressでブログを開設したばかりの方だと、立ち止まってしまう方も多いはず。

なかなかネット上で一連の流れをまとめた情報がなかったりするので、ブログ初心者の方だと苦労するところですよね。

そこで本記事ではブログを開設したばかりの方に向けて、お名前.comで独自ドメインを取得し、人気レンタルサーバーのさくらのレンタルサーバに反映するまでの方法を以下の3ステップに分けて紹介しています。

【1】独自ドメイン取得(お名前.com
【2】サーバーでの設定(さくらのレンタルサーバ
【3】WordPressでの設定

今回は既にお名前.comでドメイン取得した方に向けて、サーバーでの設定からWordPressに反映するまでを、4つのステップごとに分かりやすく紹介していきます

【1】独自ドメイン取得がまだ終わっていない方は、先にこちらの記事を参考にしてみてくださいね。ドメインならお名前.comで間違いないかなと思います ↓

【ブログ初心者向け】お名前.comで独自ドメインを取得する方法をステップごとに解説

悩める人
そもそもWordPressをまだ立ち上げていないよ!!

という方は、下記記事をチェックしてみてください。さくらサーバの具体的な導入・設定方法やWordPressでのブログ・Webサイトの開設方法について、初心者の方向けにゼロから詳細をまとめています。

初心者向け!さくらサーバーでWordPressをインストールしブログ開設する方法

1. 独自ドメインの設定(さくらインターネット)

お名前.comで独自ドメインを取得したら、まずはレンタルサーバーと取得したドメインを紐付けていきます。

1-0 まずはさくらサーバを登録する

まださくらのレンタルサーバへの登録がまだ完了していない方は、先に公式サイトから登録しておきましょう。

2週間の無料お試し期間があるので、初心者の方でも安心して使ってみることができますよ!

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

さくらサーバのメリットは?

さくらサーバのメリットは、おおよそ下記になります。長い運用実績があり、機能と性能面でのコスパが高いのが良いところですね。

さくらサーバのメリット
  • 1. 安くてコスパ良い
  • 2. 安定して稼働
  • 3. 長年の実績があるので安心、ネットの情報が多い
  • 4. 処理速度も改善されている
  • 5. SSL化も無料かつワンクリックで可能!
  • 6. WordPressのインストールもワンクリックで可能!
  • 7. バックアップ&ステージング機能あり

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

人気のプランは?

一番人気のプランは月額524円(初期費用1,084円)でWordPressが使える「スタンダードプラン」ですね。無料SSLにも対応していて、容量は100GB、WordPressも簡単にインストールできます。コスパ良しです!

とりあえずブログを始めてみたい方は、こちらのプランがおすすめです。

プラン名容量転送量月料金初期費用
ライト10GB40GB/日131円1,048円
スタンダード100GB80GB/日524円1,048円
プレミアム200GB120GB/日1,571円1,048円
ビジネス300GB160GB/日2,619円5,238円
ビジネスプロ500GB200GB/日4,714円5,238円

参考 さくらのレンタルサーバ プラン一覧(公式サイト)

僕も最初ブログを始めた時はこのスタンダードプランで登録しましたが、使っていてまったく問題はないです。安くて簡単に設定できるので、ブログ初心者の方にもおすすめですよ。

中大規模サイト(50万〜100万PV以上)を運用する想定の場合や複数人で管理したい場合などは、容量や転送量が多いプレミアムプラン以上、複数人アカウントで運用できるビジネスプランを選択しましょう。

またライトプランについては月額131円と安いですが、容量も少ない上にそもそもWordPressに対応していないです!しかもあとから別プランに切り替えることができないので要注意。

余程のことがない限り、最低でもスタンダードプラン以上で登録しておくことをおすすめします!

やすのり
基本的にはコスパの良いスタンダードで十分!ビジネス利用ならビジネスプランへ!

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

「そもそもさくらのレンタルサーバってどうなの?」と、評判やメリット、デメリットなどが気になる方は下記記事も参考にしてみてください。 ↓↓

さくらのレンタルサーバーの評判って?メリット・デメリット、口コミをレポート

1-1 サーバコントロールパネルにログイン

アカウントを作成したら、まずさくらのサーバコントロールパネルへアクセスしましょう。初期ドメインとサーバパスワードでログインします。

さくらのサーバコントロールパネル
URL : https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

1-2 ドメイン設定

さくらのサーバコントロールパネル

次にサーバコントロールパネル左のサイドバーにあるドメイン設定をクリック。

1-3 新規ドメインの追加

さくらのサーバコントロールパネル

ドメイン一覧にある、新規ドメイン追加をクリックします。

1-4 他社で取得した独自ドメインを移管せず使う

さくらのサーバコントロールパネル

「ドメインの追加 – 項目」欄の5番目にある「他社で取得した独自ドメインを移管せず使う」をクリックします。少し分かりにくいですが、ページの下の方にあります。

※ドメイン移管
ドメインを登録・管理している業者を、別ドメイン管理業者に移すこと。ドメイン移管はサーバー移管とは異なり、現在のサーバーを利用したままでドメインの移管ができます。

1-5 独自ドメイン名の入力

さくらのサーバコントロールパネル

「ドメイン名」に設定したい独自ドメイン名を入力し、「送信する」をクリックします。

さくらのサーバコントロールパネル

1-6 ドメインの追加 – 確認

さくらのサーバコントロールパネル

送信すると、確認画面が表示されます。表示内容に誤りがなければ、再度送信するボタンをクリックしましょう。

1-7 ドメイン追加の完了画面

さくらのサーバコントロールパネル

これでいったんさくらレンタルサーバーでの設定は完了です。引き続き詳細設定をする必要がありますが、一度ネームサーバ情報を更新するために、再度お名前.comへアクセスします。

さくらのレンタルサーバ 公式サイト

\ 今なら2週間お試し無料!! /

2. お名前.com側でネームサーバーの変更

レンタルサーバー側と同様に、ドメイン側も設定を変更をする必要があります。ドメインのWHOIS情報に登録されている「ネームサーバ情報(Name Server) 」をさくらのネームサーバ情報に変更します。

本記事ではドメイン取得をお名前.comで取得していることを前提としています。

さくらインターネット指定ネームサーバは、先ほどちらっと確認できましたが下記になります。

ネームサーバー1:ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2:ns2.dns.ne.jp

ちなみにレンタルサーバーでドメインの追加設定をする前に、ネームサーバ情報を変更すると(お名前.com側で)、不具合が生じる可能性があるようです。

必ずドメインを追加した後で、WHOIS情報を変更しましょう!

ネームサーバ情報を変更すると、変更された情報がインターネット上に反映するまでおよそ数時間~48時間必要になります。僕が設定した時は1時間もかからず設定できていたので、ケースバイケースのようですね。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

2-1 お名前.comにログイン

お名前.comログイン画面

まずはお名前.comに、IDとパスワードでドメインnaviにログインしましょう。
URL : https://www.onamae.com/navi/domain.html

2-2 ドメイン設定

お名前.com ドメイン設定

ログインできたら、TOPページのメニューからドメイン設定をクリックしましょう。

お名前.com ドメイン設定

ドメイン設定を開き、「その他の機能」を選択。

2-3 ドメイン設定一覧

お名前.com ドメイン設定

ドメイン設定の一覧画面になるので、分かりづらいですが下部にある「ネームサーバーの変更」をクリックしましょう。

2-4 ネームサーバー設定画面

お名前.com ネームサーバーの設定画面

遷移したら、ネームサーバーを設定させたいドメインを選択しましょう。

お名前.com ネームサーバーの設定画面

次にネームサーバーの選択です。「その他のネームサーバー」を選択し、さくらインターネット指定ネームサーバを記入しましょう。

ネームサーバー1:ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2:ns2.dns.ne.jp

2-5 確認画面

お名前.com ネームサーバーの設定画面

確認画面が表示されます。入力内容で良ければ、OKボタンをクリックしてください。その後お名前.comで会員登録したメールアドレス宛に確認のメールが送付されます。

お名前.com ネームサーバーの設定画面

一応Naviページに戻り、ネームサーバー情報の項目のドメイン詳細ページで確認すると、確かに設定されています。

これで、ドメイン側の設定は完了になります!おつかれさまでした!先ほど述べた通り、設定の反映には時間が掛かります。

僕の場合は運良く1時間かからずでしたが、通常だと数時間~最大2日程度と言われています。なかなか反映されなくても、焦らず気長に待ってみましょう。

そしてまだ他にもやることがあります・・!あとここまで来たらあと少しですので、頑張りましょう。

3. 新規ドメインとWordPressインストール先のフォルダを関連付け

WordPressでブログを開設している方は、ネームサーバの設定ができたら、更に新規で追加したドメインとWordPressインストール先のフォルダを紐付ける必要があります

まずは先ほどと同様にサクラのサーバーコントローラにログインしましょう!

3-1 ドメイン設定

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

さくらサーバコントロールパネル左側メニューにある、ドメイン設定を開きます。ドメインを新規追加した時と同じ場所です。

3-2 変更

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

先ほどは「新しいドメインの追加」を選択しましたが、今回は新規で追加した独自ドメインの「変更」ボタンをクリックします。

3-3 ドメイン詳細設定

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

ドメイン詳細設定が表示されます。使用方法の選択では、ひとまず「マルチドメインとして使用する(推奨)」に選択します。

3-4 対象フォルダの設定

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

指定フォルダの欄に、WordPressインストール先のフォルダ名(初期のURL)を指定します。下にある「3.メール利用をお選びください」は、設定する必要はありません。

3-5 SSLの設定

さくらレンタルサーバー ドメイン設定


「4. SSLの利用をお選びください」の項目のうち、「共有SSLを利用する」にチェックが入っていればいったん問題ありません。

「https://初期ドメイン名/」や「https://○○.さくらのサブドメイン」の場合は共有SSL、後述する独自ドメインを取得した場合はSNI SSLを利用します。ですので、独自ドメインを取得・設定完了したあとでSNI SSLに切り替える感じですね。

さくらのレンタルサーバーの新規コントロールパネル

※まだSSL未対応の方は注意
もしサイト構築の初期ではなく、サイトをある程度運用してコンテンツがそれなりに溜まり流入が増えている状態から、途中でhttpからSSL(https〜)に切り替える場合は、リダイレクト処理などが別途必要です。

セキュリティとSEO対策のためにサイトのSSL化を早めにやっておく必要がありますが、進め方には少し注意が必要です。上記に当てはまる場合は、ここではひとまずSSL対応せず、

「共有SSL、SNISSLを使用しない」

にチェックしておきましょう。独自ドメインの設定が一段落したら、下記記事を参考にSSL対策を進めてみてください。

【初心者向け】SSL化(HTTPからHTTPS)に切り替える方法まとめ | WordPress/さくらサーバー

記事のURL(パーマリンク)の設定方法はこちら↓↓(途中で変更したい方向け)

WordPressの記事URL(パーマリンク)を変更しリダイレクトする方法まとめ

3-6 送信ボタン

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

その他の項目は特に設定しなくて、そのままでOKです。内容に間違いがなければ送信ボタンを押しましょう。

3-7 完了画面

さくらレンタルサーバー ドメイン設定

送信すると、ドメイン詳細設定の完了画面になります。これにてさくらサーバー側での設定は完了です。しばらく待機した後、今回新たに取得したドメインでアクセスできるようになります!お疲れ様でした。

4. WordPress側での修正対応

最後に忘れてはならないのが、WordPress側でのドメイン設定です。以下確認していきましょう。

4-1 一般設定の修正

WordPressダッシュボード

WordPressダッシュボードの「設定」をクリック。

WordPressダッシュボード

「一般」から

・WordPressアドレス
・サイトアドレス

の2項目を、初期ドメイン(https://◯◯◯◯◯.sakura.ne.jpなど)から、今回取得した独自ドメインのURLに変更します。内容が良ければ変更を保存しましょう。

ログイン画面が出て来るので、ユーザー名とパスワードを入力しログインしましょう。これ以降、今回設定した独自ドメインでwebサイトやダッシュボードが表示できます。

4-2 本当にこれで最後!パスの変更

ワードプレスの記事や固定ページなどで使われている画像のURLや、外観のヘッダー、その他の内部リンクなどは、古い初期のドメインのままになっています。全てのURL(パス)を今回取得した独自ドメインのものに差し替えましょう!

どこがの画像が正常に表示されているか、また全ての内部リンクが正常に動作するか、一度サイト全体を確認しておきましょう!!

まとめ

これで独自ドメインのサーバーへの反映、およびWordPress側での設定が全て終わりました。なかなか大変で労力のかかる作業ですが、流れがわかればステップごとに進め、そこまで難しいことではありません(具体的な裏側のロジックなどは複雑ではありますが)。これでどんどんブログを更新していきましょう!

最後まで読んでいいただきありがとうございました!!

さくらのレンタルサーバへの登録は以下のリンクを参照に ↓↓

さくらのレンタルサーバ プラン一覧(公式サイト)

\ 今なら2週間お試し無料!! /

お名前.comについては下記から登録できます ↓↓

国内シェアNo.1のドメイン登録サービス「お名前.com」

「そもそもWordPressをまだ立ち上げていない!!」という方は、まず下記記事をチェックしてみてください。さくらサーバの具体的な導入・設定方法やWordPressでのブログ・Webサイトの開設方法について、初心者の方向けに詳細をまとめています。

初心者向け!さくらサーバーでWordPressをインストールしブログ開設する方法

ブログやメディアを運営するなら、アクセス解析やSEO対策は必須です。Google Analyticsの設定方法などは下記にまとめました↓↓

Google アナリティクス

簡単に設定できる!WordPressでのGoogleアナリティクス導入方法まとめ

Google Analytics by MonsterInsight

WordPressプラグイン「MonsterInsights」で簡単にGoogleアナリティクスを導入する方法

Google Search Console

SEO対策で必須!Google Search Consoleの導入方法まとめ

【ブログやメディア運営初心者向け】記事の書き方や画像編集ツールはこちらから↓↓

ライティングの方法

ライター初心者必見!伝わる記事の書き方7つのコツ【完全保存版】

ライティング・編集

SEOで上位表示を狙える!記事構成(プロット)を作成する5つのポイント

画像編集ツールまとめ

これで十分!かんたんに画像加工・編集できる無料ツール厳選5選まとめ




ABOUT US

都内で働くWebディレクター/マーケター(@98nasi_nori )。ときどき旅人な91年生まれ。早稲田大学卒。主にWebプロダクトのUI/UX改善の企画・ディレクションやSEO対策、トイレ掃除などしてます。もともとWebライター・編集者。開発やデザインも細々と勉強中……。学生時代は1年間の世界一周経験あり(過去約40ヶ国訪問)。お気に入りの国はベトナム、モロッコなど。好物は家系ラーメンとタピオカ。

こんな人が書いてるYO↓